墓じまい

墓じまいをする時によくあるトラブルは?

墓地

少子高齢化の影響で子供に負担をかけさせないように墓を処分する墓じまいをする人が増えてきています。墓じまいをする事で維持費などの負担がなくなるので経済的にメリットになりますが、墓じまいをする時にトラブルになる事もよくあるので注意が必要です。そこで墓じまいをする時によくあるトラブルを挙げていく事にしましょう。
親族から非難を受ける事がある親族に相談しないで墓じまいをしてしまうとトラブルに発展してしまう事がよくあります。継いだのは自分でも墓は先祖から伝わる家族の象徴なので独断で墓じまいをしてしまうと親族から非難を受ける事があります。墓じまいをする時は親族には伝えてからにした方がいいでしょう。離檀料で寺院とトラブルになる事がある墓じまいをする時にお礼の意味を込めて離檀料を支払いますが、明確なルールが決められているわけではないのでトラブルになる事がよくあります。
離檀料の相場価格は5~10万円程度と言われているので5万円を支払う人が多いです。しかし寺院によっては5万円では少ないと言ってくる事がありトラブルに発展してしまうケースもあります。このような場合は自分で解決するより専門の人に相談した方がいいでしょう。墓じまいをする時はこのようなトラブルに発展する可能性があるのでしっかり頭に入れておきましょう。

墓じまいはどのような手順で進むの?

お墓参りが疎遠になっていませんか?無縁仏のような状態にならないように墓じまいという方法もあります。墓じまいとは、今のお墓を撤去して遺骨を他の墓地に移す、もしくは永代供養墓地に改装する事を言います。お骨はご遺体の一部と考えられますから勝手に移動したりする事はできません。さらに無届でお墓ごと遺骨を潰す事もできません。手続きを踏まないといけません。墓じまいの流れをご説明します。
まずは新しい改葬先を決めましょう。改装先の墓地管理者から受け入れ証明書、永代使用許可書をもらいます。次に埋没証明書を今、遺骨が埋葬されている墓地の管理者に発行してもらいます。ちなみに改葬許可申請者と墓地使用者が違う時には、墓地使用者の改葬承諾書が必要です。
墓地の管理者が分からない時には各市区町村で聞いてみましょう。次に必要事項を記入した改葬許可申請書と受入証明書、埋蔵証明書を一緒に、今埋葬している墓地の市区町村に提出します。改葬の申請をすると、改葬許可書を受け取れます。次に魂抜きです。住職などにお経をしてもらい魂抜きをします。
遺骨も取り出しますが、遺骨の取り出しは石材店にお願いします。これから後、墓地を使わないのなら更地にする事になります。最後に納骨と魂入れです。改葬先に改葬許可証を出して、納骨をします。この時にも住職にお経をしてもらい魂入れをします。 

墓じまいで面倒を起こさないための対策

墓じまいするにあたり、トラブルが起こる事もあります。例えば親族の間で揉めたり、寺院とのトラブルも起こります。ここでは墓じまいでのトラブルについて知りましょう。
親族と揉め事になる
お墓を継いでいるのは自分達であるという理由によって親族に知らせないで墓じまいした時には、後々トラブルが起こる事もあります。継承者は個人であったとしても、先祖から代々伝わっている家族の象徴としての意味合いを持つ事もあり、親せきから非難を受ける可能性があります。親族との揉め事を避けるためには、話し合いをするなり、報告するなりするべきです。お墓を継いではいなくても親族にもお墓に思い入れがある人もいるからです。
寺院とトラブルになる
墓じまいをする時にはお寺にお礼として離檀量料を支払う必要があります。ですが、この額に関しては、決りがない事からトラブルになる事もあります。おおよそは数万円から10万円程度、多い時でも20万くらいと言われています。ですが寺院によっては法外な費用を要求してくる事もあります。寺院とのトラブルを避けるためには法外な離檀料を請求してくる時には、行政書士に協力してもらうといいでしょう。墓じまいの事で揉め事になるのは避けたいですね。トラブルにならないようにしっかりと対策をしておきましょう。


少子高齢化の問題もあり、墓の後継ぎ問題というものも深刻化していきています。もしそのような状況に陥ってしまったのなら墓じまいを実施するのもひとつの手でしょう。雑な手入れをするくらいなら、しっかりと墓じまいをしてしまったほうが失礼もないので検討してみましょう。

Article List

TOP