墓じまい

少し変わった墓じまいの移転先3選

墓じまいにあたっては移転先を決める必要があります。普通は別の墓地に移したり、納骨堂に納めたりする事が多いです。しかし、中には少し変わった移転先もあります。樹木葬というやり方は行政の許可をもらっている霊園や墓地に埋葬するやり方です。永代供養になるので、後継者は必要ありません。
相場は30万から70万円程度で料金的には安い傾向にあります。しかし、骨壺で納めるタイプでないものに関しては一度埋葬すると取り出しが難しくなります。散骨とは遺骨を粉末にして海や山にまきます。これは自然に還っていく供養になります。自分でする事も出来ますが、専門業者に頼む方が安心できるでしょう。
散骨は改葬にはなりません。ですから、基本は改葬許可を必要としませんが、自治体によっては違う事があるので確認しておきましょう。お墓を持つ事もないので費用は安上がりです。しかし、一度散骨すれば手元には残りません。
手元供養とはご遺骨を自宅に保管しておく方法の他に、身につける事も事もあります。これは遺骨の一部を入れたペンダントやリングを持つ事になります。故人を近くに感じる事ができるのが、手元供養の特徴です。墓じまいの移転先もいろいろですから、どれが適しているのかよく検討してみましょう。

Article List

TOP